毒の入った餌|被害を受けないためにもアシナガバチ駆除業者を利用しよう

被害を受けないためにもアシナガバチ駆除業者を利用しよう

家

毒の入った餌

ネズミ

遅効性の毒

ネズミは素早く動く上に狭い場所に隠れるので、スプレーなどを直接吹きつけて駆除することは困難となっています。しかし毒餌を使用すれば、手軽にネズミ駆除をおこなうことができます。毒餌は、ネズミが好む味や匂いのついた餌に、遅効性の毒を含ませることで作られています。これを台所などネズミを見かけやすい場所に置いておくと、ネズミは夜間に匂いにつられて近寄ってきます。そして食べることで徐々に体が弱っていき、1週間ほどで死に至るのです。また、ネズミには見つけた餌をその場で食べるだけでなく、巣にも持ち帰るという習性があります。つまり毒餌を使用すれば、巣穴に残った他のネズミも駆除できるということです。一度の設置で全滅させることも可能なので、多くの人がネズミ駆除に毒餌を使っています。

死骸を見つけ出して処分

ネズミ駆除は、バネタイプの罠や檻タイプの罠の使用によってもおこなうことが可能です。しかしこれらの場合、生きたネズミを捕えることになるので、捕獲後はその処分に手間がかかることになります。暴れて噛みついてくることもあるので、気をつけて処分しなければならないのです。ところが毒餌でネズミ駆除をした場合は、ネズミは必然的に死ぬことになります。その死骸を捨てるだけで済みますし、当然噛みつかれてしまう心配はありません。ただし、ネズミは目につく場所で力尽きるとは限らないので、毒餌の使用後はネズミの死骸を探すことが必要となります。死骸は多くの場合、家具の裏側など人目につきにくい場所にあるので、腐敗しないうちに見つけ出して処分することが大事です。