巣を撤去するには|被害を受けないためにもアシナガバチ駆除業者を利用しよう

被害を受けないためにもアシナガバチ駆除業者を利用しよう

家

巣を撤去するには

蜂の巣

種類と巣

蜂の巣といっても、その蜂の種類や状態によって形状には違いがあります。基本的に日本では蜂の巣の被害といえば、スズメバチが一番多くてメジャーです。しかし他にもアシナガバチや蜜蜂も民家の軒先や屋根裏などに蜂の巣を作ることもあります。また、スズメバチでもオオスズメバチの場合、地面の土の中に蜂の巣を作ります。よって駆除するためにはまずは蜂の種類を見極める必要があり、駆除方法も巣のある場所や条件によって異なります。持家の民家ならば自分で対処しますが、賃貸や店舗ならば管理会社への連絡が先決ですし、公共の施設ならば行政への連絡が基本です。また巣を見つけた際には、巣に接近せずに蜂に刺激を与えないことも大切で、駆除するためには冷静かつ落ち着いて対処することが必要となります。

退治する方法

蜂の巣を見つけたら駆除する必要がありますが、おもな駆除方法としては、自力での巣の撤去や行政に相談してサポートしてもらう方法や、専門駆除業者へ依頼するといった方法があります。一番確実かつ完全に安全な方法としては、やはり専門業者に依頼する方法です。しかし、アシナガバチや蜜蜂で、かつ巣が小さい状態ならば、スズメバチほど獰猛でないために自力での撤去も可能です。それでも心配な場合はプロに依頼しても良いですし、行政に相談すれば、その行政にもよりますが、中には無料で蜂の巣を撤去してくれたり、撤去のための方法や必要な道具などもレンタルできる場合もあります。さらには駆除業者を紹介してくれる場合もありますし、サポート窓口が開設されていることもあるので、まずは行政に頼る方法が手軽かつ便利な上、効率的で効果的として利用者も増加しています。